第41回大阪府高等学校芸術文化祭 美術・工芸部門コンクール展

第41回大阪府高等学校芸術文化祭 美術・工芸部門コンクール展

2021/4/4

2021年1月26日(火)~1月31日(日)にかけて大阪市立美術館で

第41回大阪府高等学校芸術文化祭 美術・工芸部門コンクール展が開催されました。

今年度は826点の作品が出品され、その中で本校は優秀賞1点・奨励賞1点・入選11点という結果になりました。
この展覧会は1次審査で入選した作品のみを大阪市立美術館に展示できる仕組みになっています。入選、受賞した生徒は展覧会で作品を展示してもらうことができ、嬉しかったと思います。昨年の出品数に比べデザインや絵画の出品数が増加していました。

美術の良さはたくさんありますが、「自分独自の視点で表現ができ、世の中に発信できること」「1冊の本のように、多くの物語を語る作品を作る事は難しいですが、文章を読むほどの時間をかけなくても、伝えたいイメージが一目で共有でき、独自の解釈ができること」「作品を通じてコミュニケーションが取れること」だと思っています。特に美術をしていると、色んな「違い」に気付く目が養われます。生徒達には、自分の目で感じたことを、今まで積み重ねてきた技術力を用いて表現してほしいと考えています。

 

本校の入選以上の賞を受賞した作品です。ご覧ください。

彫刻立体部門 優秀賞受賞

 

一見ただの木を制作しただけに見えるこの作品、右上部分にカメレオンがいる事に気付きましたか?さらにカメレオンの舌先にはバッタもいるんです!審査員も、展覧会会場でもぐるっと作品を見て、それでもカメレオンに気付かない人がいるほど良く作り込んだ作品となりました。まさに擬態したカメレオンそのものですね!枝の空間構成力や、細部まで作り込んだカメレオン、土や水の表現などありとあらゆる部分で高評価でした。

実はこの作品、土もカメレオンも葉っぱの1枚1枚も全て粘土で作った作品なのです!だまされた人も多いのではないでしょうか?

 

デザイン部門 奨励賞受賞作品

 

デザイン部門 入選作品

 

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

絵画部門 入選作品

 

デザイン部門 入選作品

 

絵を見ただけで「この絵は○○さんの作品だ!」と分かるものもあると思います。高校生にして早くも自分のテーマ性や絵柄が分かってきた人もいるかもしれません。私らしい絵が描ける事はとても素晴らしいことです。しかし高校生の皆さんはまだまだ吸収できるものも多いので、色々な作品を見て、色々な知識や情報を仕入れ自分の引き出しを増やし、さらに自分の作品をグレードアップさせる工夫をしてもらいたいと思います。

高校3年生は1年生の頃に比べて、描写力や表現力が大きく向上しました。そんな3年生の作品を見て2年生もやる気を出してくれているようです。また今後は2年生の姿や作品が1年生、中学生の刺激になってくれる事を願っています。次の展覧会に向けて作品制作頑張りましょう!

美術部顧問 弘正朋 森岡実里